2017年03月26日

キングコング:髑髏島の巨神



「キングコング:髑髏島の巨神」レイトショーで観てきました。以下ネタバレを避けて感想(^ω^)

予告映像で何となく本格怪獣映画な気がして、軽く期待していたら、何と20年前に平成ガメラ1と2を観た時以来、めちゃめちゃ面白かったです。

こと怪獣や特撮にかけては日本独特の感覚というものがあり、あちらの国ではなかなか相容れない壁がずっとあったのですが、今回はついに、日本特撮の花のひとつである”歌舞伎の見得”まで掴まれてしまっているかのようでした。

「パシフィック・リム」あたりから日本特撮ファンの監督やスタッフさんが目立ち始めてますね。

お話の中にも日本びいきなイメージが何となくあるなあ・・と感じていたら、それどころではなく思いもよらないエラいモロなものを(ネタバレを避けて略)・・とにかく、興味がおありの方は前知識無しにご覧ください。

また、音楽で'60年代後半〜'70年代前半のロックがとても効果的に使われているのが楽しかった。日本でいうと昭和40年代。個人的に、空気や文化では昭和40年代が一番面白かった時代だと今でも思っています。

そしてその頃の音楽を今に受け継いで堂々を映画音楽に使えていることが、とても羨ましい。

受け継いで、積み重ねることで、何事も昇華され強固なものとなります。おまけにとうとう日本の怪獣特撮まで、もうそろそろほぼ完全に受け継いで、自分たちの文化として完成させているではありませんか。

日本が音楽も映画も死に絶えてしまっているのは、受け継いで来なかったからじゃなかろうか。アニメ以外。昭和40年代には、特撮もマンガも日本が世界一だったのにね。

物心ついた頃に円谷英二監督に憧れて、今でも一人で自分なりの人形特撮などやっている人としては、そんなことを考えたのでした。

posted by bonso at 00:39 | Comment(0) | 平成特撮、一般映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


sevenan4241.jpg daikaiju8956bf.jpg g1gamera3940.jpg godzilla6294b.jpg
yanagiya9386f.jpg kaibutukun6015.jpg kikaider6049.jpg daimajin5404.jpg mokume8691f.jpg