2008年11月10日

ねがい/楳図かずお

mokume8691f.jpg

楳図かずお「ねがい」より、モクメ。

友達が欲しかった小学生の等は、道端で拾った木切れを使い人形を作り、モクメと名づけた。毎日、一点を見つめて願い事の念力をかけ、さわりもしないのにそれが勝手に割れたら、願いが叶う・・クラスメイトの言葉を聞き、モクメがほんとうに動いたらと望む等は、その日から勉強机の電気スタンドを見つめ願いをかけた。(※自作フィギュアの4作目です)

ガールフレンドが出来、モクメが次第に疎ましくなった等。工事現場の埋立て予定地に等はモクメを捨ててしまった。こうしていつの間にか日は過ぎ、モクメの事を等が忘れようとした頃、勉強部屋の電気スタンドが割れた…。


バシャ バシャ


両親が用事で家を空け、等が1人で留守番をすることになった雨の降る夜。


こわいよう!!

きっと、モクメがぼくを殺しにやってくる!!


mokume8510f.jpg


ガチャ ガチャ

二階のまども雨戸をしめてかぎをかけなくちゃ!!

ギッ

あっ!!


ギギギ

ギギ


mokume8526kf.jpg


モクメ!!

ギギギ

ウワーッ!!


mokume8514f.jpg

「ねがい」は昭和50年の少年サンデーに掲載。楳図かずお先生の代表作のひとつである長編「漂流教室」が大団円となり連載終了したその翌年に発表され、単行本には「漂流教室」最終巻の巻末に収録されています。


ぼくがモクメをうらぎったからだっ!!

ゆるしてっ!!

なにもかもぼくがわるいんだっ!!


ギギ


ガン

ガン

ボギッ


ゆるしてモクメ!!

だますつもりじゃなかったんだっ!!


バキッ


でも、もうおまえとは友だちにはなれないんだっ!!

おまえがいると、ほかの人と友だちになれないのだっ!!


バキッ


mokume8649f.jpg


そして、
子どものころの
このすばらしいねがいは、
もう二度と奇跡を呼び
起こすことはないだろう。


恐怖から開放された後の、透明感のある哀しみを感じさせるエンディングのナレーション。天井裏や物陰に潜む、まるで猫目小僧やおろちそのものの様な、楳図かずお先生のクールな目線が切ない。「ねがい」は楳図先生の、まさに全盛期中の全盛期に描かれた珠玉の短編作品です。


自作フィギュアの4作目。モクメのフィギュアというと限定品の小さな携帯ストラップあたりしかない様で、モクメの振り向き3コマの写真をどうしても撮影したかったので(笑)自分で作ってしまいました。

mokume8661f.jpg

夜中に1人黙々とモクメを作っていると、自分が友達のいない等くんになった気がします(笑)。しかし友達人形を作るつもりでこのモクメのデザインは…、等くんはどういう美的センスを持っていてこうなったのでしょうか(笑)。


では前回からの改善点と、反省点のメモ。

【前回からの改善点】
・ヒジとヒザの関節を若干曲げて、ややアクションをつけてみた。前作の「死神デース/赤塚不二夫」アップ時に、動きのあるキャラクターがあれば見てみたいとリクエストを頂いたので控え目ながら挑戦しました。ヒジ内側のしわ等、自然な感じに出来たと思うが、もっと派手なポーズだとどうなるかはまだ予測出来ず。

・ハーティークレイで歯と髪を作った。この歯の余りを、アタマだけほぼ同時進行で作っていた「死神デース」のヒゲに流用した(笑)。

【今回の反省点】
・完成した後に楳図先生の原作と比較してみると、モクメの目には優しげな表情があるのに気づく。作る事に集中していて、表情を掴んで似せるところまで意識と技術が及んでいなかったかな。

・色付き粘土を混ぜて捏ね、自分好みの色を作るモデルマジック。白粘土ばかりがガンガン減っていきそろそろヤバそうだったのだが、等くんの勉強部屋の椅子の背もたれを作った時点でとうとうアウト。なので椅子は背もたれしか作っていません(笑)。通販とかで白粘土買い足したらちゃんと完成させますので、許して下さい(笑)。

mokume8662f.jpg

ねがい/楳図かずお
少年サンデー 昭50
posted by bonso at 20:17 | Comment(9) | 楳図かずお
この記事へのコメント
言わば「フィギュアのフィギュア」ですね(笑)

あらすじの部分、セリフと効果音だけなのに等君の恐怖であったり、切ない気持ちであったりが伝わってきます。
まんがの方は未見ながら、コレは面白そうだなと感じました。
Posted by マグ公 at 2008年11月10日 20:37
>マグ公ちゃん

さっそく感想どうもありがとう! 友達のいない等です(笑)。

心が生み出した恐怖と、哀しみと。楳図かずお先生の恐怖マンガの真骨頂ともいえる短編なので、漫喫とかで「漂流教室」コミックスがあったらぜひ読んでみてね。
Posted by bonso at 2008年11月10日 21:20
来週上京するんで、「闘将!!拉麺男」を読み終えた後に読んでみます。
Posted by マグ公 at 2008年11月12日 20:10
「闘将!!拉麺男」ってフレッシュジャンプで連載されたんだっけ? あの雑誌1年くらいは続いてたのかな。

「プロレススターウォーズ」が大ウケしてた。テリー・ファンクの「オーライト ジュニア オーライト」って台詞とか仲間内で軽く流行ったよ(笑)。
Posted by bonso at 2008年11月12日 22:24
「闘将!!拉麺男」、「フレッシュジャンプ」の創刊から休刊まで載ってたみたいですね。
で、休刊したので連載が終わっちゃったんだけど、その後続きがまったく描かれてないみたい(うわぁ最後まで読むのが楽しみ(笑)どんな打ち切りっぷりになってるんだろう?)。
単行本は12巻まで出てるみたい。1年で12巻行くかな?

あ「プロレススターウォーズ」も読みたくなっちゃった・・・まんが喫茶で・・・置いてないか(笑)
とりあえず「拉麺男」の次は「ねがい」を読むコト確定。
Posted by マグ公 at 2008年11月13日 21:10
「ねがい」が収録の「漂流教室」は最初のサンデーコミックス版で、愛蔵版とかには入ってないみたい。

フレッシュジャンプは初めの半年くらい読んだかな。「プロレススターウォーズ」は実家のマンガ倉庫に全巻あるよ。あれも11、12巻くらいだった。

内容詳しくは忘れてるけど、始まりがいきなり猪木対J鶴田の日本選手権で、鶴田が力道山以来の日本統一王者に。そこへ悪の(笑)アメリカンプロレス連合軍が日本のプロレス界を侵略に来る。

だが正義のファンクスだけは日本の味方。ボロボロになって戦うファンクスに「うわ〜ん! ドリー、テリー、ありがとう! うわ〜ん!」とファンの子供達は号泣。

プロレス界征服をたくらむアメリカンプロレスとの決戦で、対戦相手は忘れたけどJ馬場さんも最終兵器コーナートップからの回転かかと落しで勝利。「うわ〜ん! 馬場さん、ありがとう! うわ〜ん!」と子供達は号泣。

こんな感じの(笑)ハイテンションなマンガ。
Posted by bonso at 2008年11月13日 21:38
後、命をかけてアメリカンプロレスの刺客に挑もうとする若き前田日明を、ミル・マスカラスが当身で気絶させて代わりにリングに向かう熱い展開とか、怒涛の目白押しだったよ(笑)。
Posted by bonso at 2008年11月13日 21:49
>>「ねがい」が収録の「漂流教室」は最初のサンデーコミックス版
それはさすがにまんが喫茶如きでは置いてないかな?

>>こんな感じの(笑)ハイテンションなマンガ。
ぐわぁ〜・・・「プロレススターウォーズ」読みたくて仕方ない!(笑)
Posted by マグ公 at 2008年11月14日 20:16
「ねがい」最近の何かの短編集にも収録されてるらしいよ。

うわーん! 読みたくて仕方がないよう! うわーん! って感じかな(笑)。
Posted by bonso at 2008年11月14日 21:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


sevenan4241.jpg daikaiju8956bf.jpg g1gamera3940.jpg godzilla6294b.jpg
yanagiya9386f.jpg kaibutukun6015.jpg kikaider6049.jpg daimajin5404.jpg mokume8691f.jpg