2007年05月17日

のろいの館(赤んぼう少女)/楳図かずお

赤んぼう少女

楳図かずお「のろいの館(赤んぼう少女)」より。

赤ん坊少女タマミの罠にかかり、ギロチン台に腕を挟まれてしまった葉子…。施設で育ち、生き別れた両親の待つ館へと戻った葉子を襲う、赤んぼう姿の化け物タマミの恐怖。

「赤んぼう少女」は、昭和42('67)年の少女フレンドでの連載から、サンデーコミックス刊行時に「のろいの館」と改題されました。

タマミに襲われる葉子側視点からの恐怖が描かれたお話なだけでなく、白粉で厚化粧したタマミが自分の顔を鏡で見て涙を流すシーンなどが心に残る、とても哀しい物語でした。

tamami6843c.jpg

テーブル特撮してる時はこのタマミちゃんフィギュアがなかなか可愛く思えてたんですが、写真アップ前に十数年ぶりにマンガを読み直してみたら、可哀相になってきて、可愛いといってられなくなりましたね。

タマミは葉子と同い年なんですが、ずっとこのままの姿で、父親からは「化け物」と殺されそうになるし、「おまえはあたしがいじめてばかりいたと思っていただろうけど、ほんとうはおまえがわたしをいじめていたのよ」とか。

tamami6839.jpg

最後は、葉子を焼き殺そうとした濃硫酸を自分の顔に浴びてしまい、「タマミは悪い子でした」といって死んでしまいます。

tamami6847.jpg

のろいの館(赤んぼう少女)/楳図かずお
少女フレンド 昭42('67)〜
posted by bonso at 01:12 | Comment(2) | 楳図かずお
この記事へのコメント
文庫版、私も買ってしまいました。
これも良いですね。
でも関谷が一番だな。
Posted by kkrryy at 2007年05月23日 23:55
ヤフオクで、関谷(シークレット)ありのフルコンプだと3500円くらい。
関谷なしノーマルコンプは千円くらいでしたよ(笑)。
Posted by bonso at 2007年05月24日 00:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


sevenan4241.jpg daikaiju8956bf.jpg g1gamera3940.jpg godzilla6294b.jpg
yanagiya9386f.jpg kaibutukun6015.jpg kikaider6049.jpg daimajin5404.jpg mokume8691f.jpg