2007年08月28日

大魔神

daimajin5383b.jpg

昭41('66)年「大魔神」より、大魔神。

山の守り神である柔和な顔つきの埴輪武神像が、神の怒りにひとたび触れると、怒りの形相の大魔神となって動き出し、悪を打ち滅ぼす。

daimajin5404.jpg

昭41('66)年には、特撮時代劇「大魔神」に続いて「大魔神怒る」「大魔神逆襲」が連続で制作公開されました。「ガメラ」「妖怪」シリーズと並ぶ、大映特撮代表作のひとつ。

にわかに掻き曇った空の下を、家屋を破壊して進む大魔神。圧倒的で重厚な迫力は、私の子供時代からこれまでに観た特撮シーンの中でも、一番に近いかも知れません。

daimajin5440b.jpg

領民を圧政で苦しめ、阿羅羯磨(あらかつま)の神の祟りも畏れぬ大館左馬之介によって、額に杭を打ち込まれている大魔神。お話前半、岩に彫られた動かぬ埴輪武神像の、杭を打たれた額からたらたらと血が流れ落ちた場面がショッキングでした。

daimajin5459b.jpg

大館左馬之介。こんな人がオモチャのおまけでついていると、写欲がかき立てられます(笑)。

大魔神に捕まった左馬之介は、この後、へし折れて十字架型となった柱に、大魔神が額から抜き取った杭で磔串刺しにされてしまう。こげな恐ろしくて救いようのない罰当たりな最期だけは、人として遂げたくないものであります・・。

daimajin5472b.jpg

大魔神の鋭い眼光は、とても印象的でした。大魔神を演じた橋本力さんは、その後「妖怪大戦争」で西洋の魔神妖怪ダイモンとなります。ダイモンも目が恐かった。

つい最近知りましたが、ブルース・リー「ドラゴン怒りの鉄拳」の、悪の親玉日本人が橋本力さんだそうで。最期はブルース・リーのキックでふっ飛ばされて死んでしまうのですが、ふっ飛ばされる場面のスタントマンはなんと若い日のジャッキー・チェンでした。…こっちは知ってたんですけど(笑)。

daimajin5418b.jpg

大魔神 大映
昭41('66)
posted by bonso at 22:25 | Comment(0) | 大映
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


sevenan4241.jpg daikaiju8956bf.jpg g1gamera3940.jpg godzilla6294b.jpg
yanagiya9386f.jpg kaibutukun6015.jpg kikaider6049.jpg daimajin5404.jpg mokume8691f.jpg