2007年12月22日

ゴジラ対ヘドラ

hedora1760e.jpg

昭46('71)東宝「ゴジラ対ヘドラ」。

昭和40年代は、深刻な公害の脅威の時代。戦後の核の恐怖の象徴として生まれ、多くのライバル怪獣を倒し怪獣王となったゴジラの前に、公害怪獣ヘドラが現れた。

hedogozzi1687b.jpg

水銀 コバルト カドミウム 鉛 硫酸 オキシダン♪(「返せ!太陽を」)

…ボディペイント風全身タイツ姿の綺麗なお姉さんが、サイケデリックなイメージ映像流れるゴーゴークラブで歌う、余りにも印象に残るこの歌「返せ!太陽を」。映画の画面はヘドロの海やスモッグの空へと切り替わり、そしてヘドラの出現シーンへ。

この「ゴジラ対ヘドラ」、劇場で見てないんですよねえ(有名なヘドラの歌「返せ!太陽を」は覚えていたので、テレビでは観てるのかも)。何年も経ってビデオで観て、その面白さに滅茶苦茶後悔しました。追体験でも何でも良いから、映画館で観たいよう(笑)。

hedora1737c.jpg

宇宙から飛来したらしい鉱物生命が、地球のヘドロや公害物質と結合し、初めは小さなオタマジャクシ状の形からやがて大怪獣となったヘドラ。上陸し、工場の煙突のスモッグを吸って更に成長、飛行能力まで身につけた。

硫酸ミストと呼ばれる有害物質を撒き散らし飛行するヘドラが通過した後は、建物はボロボロに腐食し、生き物は目や喉をやられて白骨化して死んでいく。・・子供の頃私が住んでいた町にも、近くに化学工場やパルプ工場があったので、急な光化学スモッグで、外で遊んでいた皆目を押さえて家に逃げ帰った事が何度かあります。生々しいなあ…。

hedora1663b.jpg

ゴジラに襲いかかるヘドラ。ゴジラの放射能火炎はヘドラに効果なく、ヘドラに覆いかぶさられたゴジラが押しのけようとしても、ゴジラの手はヘドロの塊であるヘドラの身体を突き抜けてしまう。

hedora1657.jpg

ヘドラの吐くヘドロで片目を潰され、終いにはヘドロに生き埋めにされてしまったゴジラ、もう手も足も出ないピンチ!

hedogozzi1683b.jpg

ヘドラを倒すには、水分を奪い乾燥させる事…と、科学者と自衛隊の電極板作戦とゴジラの放射能火炎の合わせ技で、何とかヘドラを蒸発させ、泥の塊に変えた。乾いたヘドラから、ヘドラの核である目玉を取り出したゴジラ。ヘドラに突っ込んだゴジラの手は、半分白骨化している。

ヘドラの核に止めの放射能火炎を浴びせるゴジラ、やっとの勝利!!…と思いきや、泥の塊の中から新たなヘドラが飛び出して。・・もうこりゃ、どうしようもなく最強最悪の怪獣ですな(笑)。

hedora1659.jpg

色んな他の怪獣のようにあまり動き回らず、じっと佇んでいるだけで格好良い、ヘドラ。ゴジラシリーズ中、最も好きな怪獣です。

2004年の「ゴジラ FINAL WARS」にヘドラが登場するということで、ついにスクリーンで観れる!とワクワクして映画館に足を運びました。

大方の怪獣が出尽くしてもなかなかヘドラの出番が来ず、おおこれはまさか中ボス扱いだろうか!?といよいよ期待したら、いきなり海からポーンと空中に飛び出して…。頭にはエビラが刺さっていて(笑)。そのまま地面に落っこちてすぐゴジラの火炎で爆発してしまいました…。

・・いやこれはこれで、もしかしたら一番目立ったかも知れないと、映画館からの帰り道、可笑しいやら楽しいやらで笑ってしまいました(笑)。

hedogozzi1727-28c.jpg

これは劇中にないシーンですが、懐かしの怪獣ブロマイドのイメージで。後で調べたらこんなにゴジラは高く飛び上がってなかったですけど、まあいいか(笑)。

ヘドラのフィギュアはガシャポンHGゴジラクロニクルより。ゴジラは食玩酒井ゆうじゴジラ全集「ゴジラ対ヘドラ」「怪獣総進撃」を使いました。最近知ったのですが昭43('68)「怪獣総進撃」から昭46('72)「地球攻撃命令ゴジラ対ガイガン」までのゴジラは、同じ着ぐるみだそうで。私が観たゴジラ映画は「怪獣総進撃」からなので、つまりこれが一番馴染み深いゴジラなのですね。

「ゴジラ対ヘドラ」
昭46('71)東宝
posted by bonso at 10:16 | Comment(4) | 東宝
この記事へのコメント
ヘドラも懐かしいですね。
私は友人と映画館で観ましたよ。

ヘドラの斬新なデザインが良かったし、公害を風刺したストーリーも良かった。
斬新なデザインと言えば、ツインテールもそうですね。

ゴジラのジャンプ写真は、もしかしたら「シェー」をしてるんじゃないかな。

記憶が曖昧なんだけど、確かこの頃の映画で、放射能を吐いて後ろへ飛行したり、勝利のシェーをしたり、興ざめするようなことをやってくれました。
Posted by kkrryy at 2007年12月22日 17:45
ヘドラは結構マニアックなファンがいるらしく、私もヘドラーの1人であります(笑)。
水中期や上陸期などで形が変化してるのも面白いですねえ。機会があれば色んなヘドラを撮影したいところです。

ゴジラのシェーは、昭40('65)年「怪獣大戦争」ですね。飛行ゴジラは、この映画で乾燥ヘドラの中から逃げ出した新たなヘドラをゴジラが追っかける時に、やってしまいましたよ(笑)。

飛びゴジラもフィギュアが出てるようで。「ゴジラ対ヘドラ」って、色んなシーンがフィギュア化されてるパターンがかなり多いんじゃないでしょうか。
Posted by bonso at 2007年12月22日 23:42
ゴジラのブリキのおもちゃを持っていました。
歩きながら口から煙をだしていたような気がします。
bonsoさんに撮ってもらえれば素敵な一枚に
なれたのに!
とっくに壊れて捨てられてしまいました(笑
Posted by なんちゃってフォトグラファー at 2007年12月23日 02:56
ブリキのゴジラ、良いですねえ。
アンティーク・トイの撮影もやってみたいな。

その時はまた、背景やライトを変えて。
どんな感じにしようかな〜。わくわく。
Posted by bonso at 2007年12月23日 13:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


sevenan4241.jpg daikaiju8956bf.jpg g1gamera3940.jpg godzilla6294b.jpg
yanagiya9386f.jpg kaibutukun6015.jpg kikaider6049.jpg daimajin5404.jpg mokume8691f.jpg