2002年06月22日

怪人シプリアノ/小畑しゅんじ


(お尋ねマンガ解決済ファイル)

[84] レロモロウバン

0083スレッドの「一峰大二の怖いマンガ」とたぶん同じ号の月刊(別冊?)マガジンに、もうひとつ思い出したいマンガがありました。

作者も不明ですが、アフリカ(?)探検の学者だったかの主人公の友人が現地で行方不明になっていて、後に再開した時には友人はまるで野生獣人のようになってしまっている。ある部族の酋長だったかも・・。

主人公は友人に記憶を取り戻させようと話し掛けるが、友人は苦し気に頭を押さえ、「レロモロウバン(どうしても思い出せぬ)」という・・。この場面だけはっきりと覚えています。

どなたか、このマンガのタイトルや作者名を覚えていらっしゃらないでしょうか?
その頃流行りだったという園田光慶ふうの絵柄だったかも。レロモロウバン〜どうしても思い出せぬ。

bonso 2001/12/19 00:08:03

posted by bonso at 00:00 | Comment(4) | 「別冊少年マガジン」

2002年05月22日

小ちゃくなあれ/いけうち誠一


(お尋ねマンガ解決済ファイル)

[92] ちいさくなあれ

お久しぶりです。bonsoさんのお引っ越し記念(?)にネタをひとつ。

小学校低学年の頃だったと思いますが(ちなみにわたしはbonsoさんと同年配です),『少年マガジン』でしたでしょうか,こんな短編を読んだ記憶があります。

新聞社(出版社?)の編集者の元に送られてきた一通の手紙。送り主は少年で,彼が「ちいさくなあれ,ちいさくなあれ」と念じると,人間がどんどん小さくなってしまう(掌に入るくらい)。で,少年はその超能力を悪用して,小型化した人間を虐殺したり,焼いて喰ったりとやりたい放題(今の少年誌ではぜったい載せられないでしょうね)。

その手紙の内容が嘘だったのか,妄想だったのか,真実だったのか,そこらへんの「オチ」は覚えていません。絵柄的には古賀新一風だったように思います。タイトルはそのものずばり「ちいさくなあれ」だったような…

どなたか,この作品について情報をお持ちではありませんか?

yoshir 2002/05/15 22:27:55

posted by bonso at 00:00 | Comment(0) | 「別冊少年マガジン」

2001年12月19日

人喰いたばこ/一峰大二


(お尋ねマンガ解決済ファイル)

[83] 一峰大二の怖いマンガ

たぶん昭和44('69)年の、月刊(別冊?)少年マガジンなのですが、一峰大二の怖い短編が載っていたのが印象に残ってます。

車の中でタバコを吸っていた運転手が、タバコの煙りで視界を奪われ、少年をはねて、ひき逃げしてしまった。その後、たばこ(たしか平仮名)が憎い〜たばこが憎い〜と呟く血まみれの少年の幽霊を見るようになり(この一峰先生の絵が怖いんですよ、少年の目玉が上向いてるし(笑))、車に乗るとその少年の幽霊に追い掛けまわされてしまう。

最後は気を落ち着けようとタバコを吸うと、またその煙りで前が見えなくなり、小山のトンネルの中でダンプと正面衝突。ダンプの積荷の大型パイプがフロントガラスを突き破って・・!

ラストシーン。小山のトンネルからにゅっと突き出した大型パイプ。パイプの先から、血に染まった男の死体が上半身を覗かせている。小山の中腹には、目と鼻をイメージさせる影が描かれていて、「まるで、大男のタバコを吸っている顔のように見えました」というようなナレーションがありました(パイプがタバコ、男の血まみれ死体が火)。

この時の月刊(別冊?)少年マガジンには、他にジョージ秋山「ほらふきドンドン」、さいとうたかを「影狩り」等が載っていたと思います。

これは何というマンガだったのか、どなたか知っていらっしゃる方、いましたら教えて下さいー。

bonso 2001/12/19 00:00:21

posted by bonso at 00:00 | Comment(0) | 「別冊少年マガジン」


sevenan4241.jpg daikaiju8956bf.jpg g1gamera3940.jpg godzilla6294b.jpg
yanagiya9386f.jpg kaibutukun6015.jpg kikaider6049.jpg daimajin5404.jpg mokume8691f.jpg