2007年11月10日

地獄くん/ムロタニ・ツネ象 2


保育園の園舎で読んだ「地獄くん」に、もうひとつ、地獄くんが全く出てこない、ですが凄く印象深くて忘れられない「地獄の声」という一編がありました。「地獄くん」とは違う短編だとずっと思っていましたが、コミックスには「地獄くん」として収録されています。

暴走スポーツカーにはねられた三太郎少年は、亡者の行進に引きずられてエンマ大王の元に辿りついた。三太郎に極楽行きを告げるエンマ大王。死者である印に、三太郎の身体にはヘソがなくなっていた。

まだ死にたくない、もう一度両親に合わせて欲しいと願う三太郎に、エンマ大王は、死界の掟を破って「24時間の契約」を条件に、二度目の生命を与えることを決めた。

「24時間の契約」とは、三太郎が生き返ってから24時間、どんな人間とも喋らないこと。喋れば死界へ逆戻りして、極楽への道を進むことになるというものだった。

…これを読んだ時の、どきどきした気持ちは今でもよく覚えています。冒頭の、暗闇を歩く三太郎がふと気づくと、地面いっぱいに果てしなく手が生えていて、亡者の行列に三太郎を引っ張っていく場面から、マンガに引き込まれました。

生き返った三太郎を両親や友人が心配しても、時を刻む地獄時計の音が「ゴッチゴッチ」と聞こえてくる三太郎は何も言うことが出来ない。家を飛び出して、建設現場の土管に隠れて孤独に耐える三太郎。お腹がすいてパンを買うが、店のお兄さんにお釣りをごまかされて、抗議すら出来ない。三太郎をはねたスポーツカーの男たちが恐喝をしている現場を見ても、助けを呼ぶことも出来ない…。

もう自分の事のように、完全に感情移入して読んでました(笑)。…ここまでの怪奇でスリリングな展開も、幼児にとっては充分過ぎる忘れられないトラウマですが、さらに物語の結末は、余りにもショッキングなものでした(以下ネタバレありです)。

夜が明け、「24時間の契約」完了の時間までもうあとわずか2時間ほどの辛抱と、孤独に耐えて朝の空気を味わう三太郎。その目前で、道路美化清掃中のおじいさんがスポーツカーにはねられた。運転していたのは、三太郎をはねた同じ男達だった。

通りがかりのダンプカーの運転手に事故の罪をなすりつけ、集まってきた通行人の前で運転手を殴りつける、スポーツカーの男達。見かねた三太郎は、そしてとうとう叫んだ。

「うそだっ!! ぼくはみたぞ!! 犯人は そのふたり組だ!!」

前回の「地獄くん」のお話で、私は地獄くんの存在を「人の力のおよばない"因果応報"のビジュアル的象徴」としましたが、この「地獄の声」では、三太郎は因果どころかエンマ大王から極楽行きと判定されているほどの善として描かれているのに、「24時間の契約」を果たせなかったばかりに、無情に死界へと引き戻されてしまいました。「それにしてもなんと、美しい死にがおだ」という、現場の警官の憐れみの言葉こそあったものの。

幼児の私にとって、人の力のおよばない"死"という概念を初めて突きつけられた、忘れようのない一編でした。
posted by bonso at 22:05 | Comment(6) | ムロタニ・ツネ象

2007年10月17日

地獄くん/ムロタニ・ツネ象


jigokukun.jpg

40年以上も昔の、昭和42年。私の保育園時代。「地獄くん」が掲載された光文社「少年」誌が何故か園に数冊あったので、そこで読みました。

凄くインパクトがあり、ずっと覚えていたので、'99年にマンガのホームページ(このブログの前身)を作った時に、真っ先に紹介しました。その時は検索しても「地獄くん」を取り上げたサイトは同年代の方の1件だけだったので、掲示板に書込みしてお友達になりました(笑)。

「地獄くん」のコミックスは、'99年前後に刊行された大田出版QJマンガ選書版の「完本・地獄くん」と、昭61('86)年の朝日ソノラマ・サンワイドコミックス版があります。前者には帯に「伝説のトラウマホラー」と謳い文句があり、後者サンワイド版は表紙の折り返しに「一風変わったブラック・ユーモア」と書かれています。各々その時代の空気が出てますね。掲載時だったなら、普通に「怪奇マンガ」なのでしょう。自分的にはこれが一番しっくりきます。

悪人に、額をピストルで撃ち抜かれた地獄くん顔アップのコマ。

白目の地獄くん。

べーっと舌を出した地獄くん。舌の上には今撃たれたばかりのピストルの弾が。

この3連コンボのコマ割りはインパクトあり過ぎて、数十年忘れようがありませんでした(笑)。
地獄くんの胸ぐらを引っつかんだ悪人の手に、地獄くんのドクロ型ボタンが噛み付いて、ガギギギギ…ガギギギギと指に食い込んでいくシーンも強烈だったなあ。他にも、ずっと覚えていたシーンがたくさんありました。

「地獄くん」の掲載年度は、少年マガジンで水木しげる「墓場の鬼太郎」連載が始まった年でもあるので、鬼太郎の向こうを張って、怪奇ものの流行り始めの時期だったのかも知れません(この翌年にはテレビ特撮で「怪奇大作戦」も始まりました)。

鬼太郎の目玉おやじと似たようなマスコット的存在(?)として、地獄くんの胸ポケットには、万年筆型生物の"万年とっつぁん"がいます。万年筆のインクのような液体治療薬で、どんな怪我でも治す、特殊な力を持っています。

第1話で、轢き逃げでバラバラにされた、少女の母親を地獄くんがプラモデルのように組み立て(笑)、それを万年とっつぁんが少女の涙をインクがわりに吸い取って、薬に変えて母親の遺体に注射し、蘇らせます。・・怪奇でショッキングな場面が記憶に残っていた「地獄くん」なのですが、久しぶりに読み返してみると、作者の優しさが表れているような、美しいシーンと思えましたね。

罪のない人たちには優しさも見せる地獄くんですが、悪を行った者に対しては、徹底的に、それこそ地獄の果てまで追い込む恐ろしい仕打ちを見せます。…といっても、地獄くんがその意思で悪人を追い込んでいく、という感じではなく、この世には人の力のおよばない"因果応報"というものがあり、悪は悪ゆえに地獄に堕ちていく(バチがあたる)運命なのであり、"地獄くん"という得体の知れない存在は"因果応報"のビジュアル的象徴として描かれているようでもあります。

悪い事をするとバチが当たるよ、という概念が通じない世の中だと感じた時など、幼少時に見た地獄くんが本当に現れたら良いななんて、たまに思ったりします。…悪い事をすると、地獄くんがくるよ(笑)。
posted by bonso at 00:09 | Comment(13) | ムロタニ・ツネ象

2001年07月27日

パビリオン地獄/ムロタニ・ツネ象


お尋ねマンガ解決済ファイル

[42] EXPO'70の会場と鬼が出てくるマンガ

詳細はさっぱり覚えていないんですが、小学3年頃に強烈に記憶に刻まれたマンガなんです。
別次元のEXPO'70の会場に紛れ込んでしまった主人公が、そこで繰り広げられる鬼の世界に遭遇する、という話でした。
その世界では二本角の鬼が優勢で、一本角の鬼が虐げられ奴隷にされていて、特に一本角の鬼の生首でボーリングをしているシーンには酷いショックを覚えたものです。
このマンガの作者や掲載誌をご存知の方がいらっしゃいましたら情報をください。

kkrryy 2001/07/04 00:24:24
posted by bonso at 00:01 | Comment(0) | ムロタニ・ツネ象

1999年09月07日

地獄くん/ムロタニ・ツネ象


成田アキラのエッチマンガを探してみようと思い、大分市鶴崎の古本店に足をのばしてみた。見つからなかったが、ムロタニツネ象の「地獄くん」の"完本"というのがあった。"QJマンガ選書"〜というと、楳図かずおの「ガモラ」だけ、書店でお目にかかったことがある。「地獄くん」まで復刻本になっているとは知らなかった。

帯に"伝説のトラウマ・ホラー復活 幻の最終話、「死神工場の巻」を収録した完全版"と書かれてある。・・トラウマ? ホラー??…なのかなあ。「怪奇マンガ」だと私は受け止めているが("ホラー"という言葉が一般的になったのは「地獄くん」よりももっとずっと、10年くらいあとの話で、それ以前にあったのは「怪奇マンガ」と「恐怖マンガ」)。

解説に、竹熊健太郎やスクリーミング・マッド・ジョージに混じって、なぜか 成田アキラ(?)の名がある。ずいぶん唐突で、ムロタニ氏と成田氏の間に何ら接点があるようには思えないのだが、幻の最終話とやらが見たいのとあわせて、買ってしまった。それにしても「地獄くん」ならちゃんとサン・ワイドコミックスのやつを昔から持っているというのに、我ながら本当好きだなあ、ハハハ。・・いや笑っている場合じゃないか。ちょっとは考えて自制しないと、もう本の置き場所が部屋のどこにもないぞ!

この「完本・地獄くん」、裏表紙にお話の中の3コマがデザイン的に配置されているのだけれど、〜

1コマ目:拳銃で撃たれ、ヒタイのど真ん中に穴が開いた、地獄くんの顔。
2コマ目:白目になる、地獄くんの顔。
2コマ目:長い舌をベロッと出した、地獄くんの顔。その舌の上にはたった今撃ち込まれたばかりの弾丸が・・。

〜 私が幼稚園時代にこれを読んで、最も印象に残っている場面ではないか。そうか、やっぱりみんなそうだったのかと、なんだか少し嬉しくなってしまった。ところで、最後の解説まで読み終わった。ムロタニツネ象は、なんと成田アキラのおじさんだったのだと。・・この本、つまり今日、私に会うことになってたのでしょう、きっと。

QJマンガ選書版

地獄くん/ムロタニツネ象
昭和41(' 66)年 〜 43 少年サンデー/少年/中1時代
posted by bonso at 00:00 | Comment(0) | ムロタニ・ツネ象

1999年06月09日

地獄くん/ムロタニ・ツネ象


記憶の中では最も古い時期に読んだもののひとつ。
大分市鶴崎の小中島保育園児時代に、たしかそこの園内で、「少年マガジン」で読んだように覚えている(園にマンガ本が置いてあったのだろうか? 「少年」なんかもあった記憶がある)。
「地獄くん」の他に、桑田次郎の「黄色い手袋X」、藤子不二雄「シルバークロス」、森田拳次「丸出だめ夫」、ジョージ秋山「ガイコツくん」「パットマンX」なんかの絵や場面が思い出せる。

「地獄くん」単行本を手に入れたのは平成4年。大分市高城にその頃できた古本屋にあった。それ以前には、昭和62年頃に日出町のラーメン屋で1冊だけみたことがある。

「地獄くん」単行本に一緒に収録されている、「虫地獄」「人形地獄」(「怪奇死郎」は知らない)は、小学4年生頃、「ぼくらマガジン」で読んだ。

サンワイドコミックス版

地獄くん/ムロタニツネ象
昭和41('66)年 〜 43 少年サンデー/少年/中1時代
posted by bonso at 00:00 | Comment(0) | ムロタニ・ツネ象


sevenan4241.jpg daikaiju8956bf.jpg g1gamera3940.jpg godzilla6294b.jpg
yanagiya9386f.jpg kaibutukun6015.jpg kikaider6049.jpg daimajin5404.jpg mokume8691f.jpg